このブログでは「軌跡シリーズ」のわかりやすい「解説」やストーリーの「考察」・「最新情報」の発信を行っていきます!

【かんたん解説】大陸で最も広い信仰を集める宗教組織《七耀教会(しちようきょうかい)》を解説

今回は、『最も広い信仰を集める宗教組織《七耀教会》』について解説していきます!

 

この記事でわかること
・《七曜協会》とはどんな宗教なのか
・どんな組織があるのか

 

この記事を書いている人

 

YouTube(毎日20時からゲーム配信中)⇒https://www.youtube.com/channel/UCgoOB8zGzxm-uOdN6nTNNZA/
Twitter(ゲーム配信の告知や日本ファルコムさんの最新情報の拡散)⇒https://twitter.com/YUTORI_NO

ゼムリア大陸で最も信仰を集める宗教組織《七耀教会》

七耀教会はゼムリア大陸で最も信仰を集める宗教

 

《空の女神・エイドス》を信仰し布教しており、現在では大陸全土の殆どの国に拠点と信者を持つ。

 

総本山は都市国家であるアルテリア法国

 

設立起源は不明?

正確な設立時期は不明

 

七耀暦という紀年法を制定している事からその起源は七耀暦以前とも考えられる。

 

《大崩壊》直後、既にアルテリアの地には七耀教会が存在しており、大陸各地に《空の女神》の信仰を伝えた。

 

《大崩壊》

 

軌跡シリーズの舞台となった年代のおよそ1200年前にあった出来事。

 

当時繁栄していたゼムリア文明(古代ゼムリア文明)が消滅した事件。

 

多くの技術や道具の製法も失われ、この事件で失われた技術で作られた道具は古代遺物(アーティファクト)と呼ばれるようになる。

 

その後、大陸全土で様々な国家や勢力が争う暗黒時代が数百年続くが、七耀暦500年頃より歴史の表舞台に登場する

 

当時は暗黒時代末期であり、大小様々な勢力による戦乱の時代であった。

 

しかし、《空の女神》の信仰の布教によって戦乱によって荒れ果てた暗黒時代を終焉に導き、大陸に七耀教会による秩序を築き上げた。

 

『完全な一神教主義』というわけでもない

七耀教会の教義は《空の女神》が中心であり、その内容の多くは《聖典》と呼ばれる教義を記した書物にまとめられている。

 

その他にも七耀教会が公式には認めず、禁書としている《外典》も存在している。

 

七耀教会の教義での信仰対象は《空の女神》のみであるが、完全な一神教主義ではない。

 

各地の土着の信仰を受け入れており、七耀教会の信者の他の対象への信仰を禁止はしていない。

 

そればかりか土着信仰の絡む儀式への手助け等をもしており、非常に寛大。

 

七耀教会と古代遺物

七耀教会は古代ゼムリア文明の《古代遺物》(アーティファクト)を『女神の早過ぎた贈り物』と定義。

 

その人智を超えた不可思議な力を人々が行使する事を防ぐことを目的に回収・管理している。

 

また、未回収の《古代遺物》を故意的に悪用する人間に対しては、実力を持って回収を行う場合がある。

 

その実行を担うのは教会組織の封聖省とのその部隊《星杯騎士団》である。

 

但し、様々な理由から回収の対象とされない、または見逃された《古代遺物》も少なからず存在している。

 

七曜協会の組織

典礼省

祭事や儀式を主に監督する組織。各地の教会施設の管理も行う。

 

僧兵庁

アルテリア法国の防衛を担う組織。

 

封聖省

古代遺物(アーティファクト)の回収・管理・保管を行う組織。部隊組織《星杯騎士団》を持つ。

 

星杯騎士団(グラールリッター、せいはいきしだん)

七耀教会が秘密裏に擁する騎士団。

 

教会組織の中では封聖省の部隊にあり、本部はアルテリア法国にある。

 

12人の《守護騎士(ドミニオン)》を筆頭として、その下に正騎士・従騎士の称号を持つ者達が属し、総数は1000人。

 

古代遺物(アーティファクト)の調査、管理、回収を主な任務とし、回収については主に個人所有の物を対象とする。

 

アーティファクトを悪用する者や、教会より「外法」の認定を受けた者を抹殺するなどの「汚れ仕事」を請け負う一面も存在する。

 

守護騎士(ドミニオン)

《星杯騎士団》を束ねる存在であり、第一位から第十二位の12人の星杯騎士。

 

それぞれが独自に決めた二つ名を持つ。

 

守護騎士になるためには《聖痕(せいこん、スティグマ)》と呼ばれるものが顕現することが条件となっており、時代によっては必ずしも全ての席が埋まるわけではない。

 

《聖痕》の顕現が確認された者は、その時点で騎士団に所属していなくても《守護騎士》となる。

 

拒否できるのかは明言されていない。

 

まとめ:決して一枚岩の組織ではない

《宗教》という信仰でゼムリア大陸の暗黒時代を終焉させた偉大な組織。

 

だが、その起源やどの様な教えなのかは多く語られていない。

 

そもそも、《空の女神・エイドス》とは何者なのか?

 

協会の活動として《日曜教会》というものがある。いわゆる《学校》だ。

 

これは、布教であり洗脳でもあるように感じる。

 

幼い頃より、教会の教えを学ぶことで反乱分子を生まないようにしているのか。

 

また、教会内でも《聖杯騎士団》の存在を快く思わないものもいる。

 

今後の軌跡シリーズにおいて、『身喰らう蛇』と同等に魅力的な組織『七曜教会』。

 

個人的には、最終的に立ちはだかるラスボス的な組織になるのでは?と期待している(笑)

最後までお付き合い頂きありがとうございます!

 

毎日20時からYouTubeで日本ファルコムさんのゲームを中心にゲーム配信をしていますので、良ければそちらの方にも遊びに来てください♪

 

YouTube(毎日20時からゲーム配信中)⇒https://www.youtube.com/channel/UCgoOB8zGzxm-uOdN6nTNNZA/
Twitter(ゲーム配信の告知や日本ファルコムさんの最新情報の拡散)⇒https://twitter.com/YUTORI_NO
最新情報をチェックしよう!